Rubyの勉強、はじめました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Macの開発環境の話2

なんだかずいぶん間が開いてしまいました。
ちょっと書かなくなると、なかなか書き出しにくくなってしまうものですね。
そんなのも嫌なので、今日は前にも書こうと思っていたネタで、
【Macの開発環境 ターミナル編】について書きます。

■ターミナル
iTermiTerm

長所:
 タブで複数ウィンドウ
 透明度設定
 日本語対応
OS X 10.2 の時くらいから愛用してます。
でも不満が2点ほど。
まず、デフォルトで日本語設定が通らないこと
あと、どーしてもカラー表示して欲しい
なので、そのあたりの設定について、まとめてみました。
(ちょろっとUnix系の知識は必要です)

□日本語設定
以下の内容のファイルを自分のホームフォルダに追加します。

[.bash_profile]
# 日本語の表示/入力
export LANG="ja_JP.UTF-8"

[.bashrc]
# エイリアス
alias ls='ls -vG'

[.inputrc]
set convert-meta off
set meta-flag on
set output-meta on

次にiTermの「環境設定」>「一般」>「プロファイル設定」>「ターミナル」タブで、エンコーディングをUTF-8に指定します。

細かい解説は抜きにして、これだけ設定すれば最低限日本語の表示/入力はOKです。
参考サイト:覚え書き - Mac OS X ターミナルでの日本語の扱いについて

□カラー表示
先ほどのプロファイル設定のターミナルタブから、タイプをxterm-colorに設定します。

iTermのメニューから新規タブを作ってください。
設定がうまくいっていれば、このように表示されます。
(フォルダの文字色指定は青に変えてます)
iTerm-color

参考サイト:lsをカラー表示

以上、設定する時に色々苦労したので、まとめてみました。

関連記事:Macの開発環境の話(エディター編)
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zeero.blog60.fc2.com/tb.php/14-8b269182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。