Rubyの勉強、はじめました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


つくる!

Rails本をあらかた読み終えました。
RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発
前田 修吾 (2006/02/25)
オーム社

この商品の詳細を見る

今更ながら感想、書いてみます。

  • Railsの威力を実感
    • なにはともあれ、日本語でこれだけまとまって良質のサンプルと解説が書いていることがありがたいです。
  • 設計思想
    • 生みの親の方が書いているだけあって、その設計思想の細かいところまで網羅している。
    • 設定より規約(ConventionOverConfiguration)の中核を為す命名規約のところなんて、こだわりがバリバリ伝わってきて、やる気までかきたてられます。
  • 例題が少ない
    • チュートリアル的な部分が大半で、コードもすでに書かれてしまっているので、自分で考えることがあまりない。

要は、大体使い方のイメージがわかったら、なんぞ適当に作ってみろ!ということですね。
実際、それが一番勉強になるんだろうしね。
とにかくやってみよう。
家計簿アプリなんかが趣味と実益を兼ねれてよさそう。



と、思って取りかかってみたら、自分の力のなさを実感...orz
でも自分で考えている感があっていいですよ。
のんびりやります。
スポンサーサイト


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。