Rubyの勉強、はじめました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Web2Stanzaちょっと更新

ちょっとePub関連で新しいネタを思いついたので
思い出しがてらWeb2Stanzaメンテしました。

GaeVFSというGoogleAppEngineでファイル扱えるライブラリを使ってましたが、
ここが性能ネックになっていたようなので外しました。
代わりにいったんメモリ上でZip作ってから
Datastoreに直接保存するようにしました。
少し処理速くなった気がしますw

メモリ上でZipつくるときにちょっとハマったのでメモ。
ByteArrayOutputStreamを使いましたが、そこから作ったZipOutputStreamをcloseする前に
Datastoreに保存してしまうと変に保存されてしまう模様。
ちゃんとストリームを閉じてから永続化しないとダメでした。
スポンサーサイト


『Web2Stanza』公開しました

iPhoneアプリの『Stanza』を愛用しています。
ePub形式の電子ブックをオフラインで読めるアプリなんですが、
ページをめくる動作が素敵だったり、読んだ位置を覚えてくれてたり、
ディテールが素晴らしいです。

ただWebページからePub形式を作るのにはちょっと手間がかかっていました。
ポール・グレアムとかジョエル・スポルスキーとかの
Web上のエッセイを読むのに使いたかったので、
なんかもっと手軽にできないかなと思いました。

調べてみるとePubは割と簡単に作れる模様。
(参考サイト:電子書籍ファイルePubについて -ePubを自分で作成する- « lab.naoki.sato.name
そこでWebページを自動でePubに変換してくれるWebサービスを作ってみました。

Web2Stanza

InstapaperとかRead it Laterとかもあるのでどれだけ需要あるかわかりませんが、
Stanzaを気に入っている人なら便利だと思います。


特徴

  • ブックマークレット形式。
  • 無料です。
  • iPhoneで表示中のWebページを直接Stanzaに取り込むことができる。
  • テキストの保存だけなので、画像やCSSには対応していません。
  • iPhone以外のブラウザから使うとePubファイルをダウンロード。
  • GAE/J上にサービス構築しているので1MBを超えるページを扱えません。
    (テキストだけなのでそうそう問題にはならないと思います)

ついでにGoogle Code使ってソース公開しました。
主に以下の言語・ライブラリを使って開発しました。
素晴らしいライブラリを無償で提供している方々に感謝です。

だいぶ勉強にもなったので、各ライブラリのレビューとかも書いていきたいですね。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。